YukihiRockのはまっている音楽やゲーム(特にモンスターハンターシリーズ)について、徒然なるままに書き綴る不定期更新ブログです。時々自作曲上げたりとか。
<
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
MEGADETH - ENDGAME
2009-11-12 Thu
アルバム紹介。

今回はこちらのアルバム。

       MEGADETH - ENDGAME  
    

              「MEGADETH - ENDGAME」

スラッシュ四天王の一角、デイブ・ムステイン大佐率いるMEGADETH12枚目のアルバム。

なんと言っても全編通してリフがすばらしい。
どうやったらこんなリフをこんな所に押し込むのかという驚きと共に聴き所。

メタリカのジェイムズのリフ作りも素晴らしいが、奇妙奇天烈、摩訶不思議という意味では大佐の方が上。
どう考えても別の曲に使った方がいいんじゃ…、と思わせるようなリフを同じ曲中につっこみ、なんの違和感もなく聴かせるところ、もはや職人芸。
これが大佐の言うインテクレチュアル・メタルというものか…。

そして新加入ギタリストのなんたる素晴らしいことか。

早弾き、泣き、なんでもござれ、さらにマーティーばりのオリエンタルなフレーズもさらりと弾きこなしてしまうところは最早悶絶の域。
某雑誌で「代わりに全部ソロ弾いて貰いたかったくらいだよ」と大佐に言わしめたその実力は本物のようだ。

しかしそんな事は問屋が卸さぬと言わんばかりに、大佐のソロのキレも過去最高。
ソロの掛け合いでは、「俺の方がいいフレーズ弾くんだよ!」「いやいや、それなら俺の方が!」っといった小競り合いが見えてくるようで、何とも微笑ましい、いやおぞましいギターバトルが展開されております。

しかし大佐の歌は上手いとか下手だとかそんなレベルじゃないな。
中川家がよくやる大阪の八百屋のおっさんのモノマネのような歌声。
最早唸り声の域。それはそれでMEGADETHの魅力なんだけどね。

でも歌いながらあのリフ弾くんだよな…。まったくもって信じられん。よくやるわ…。

過去作と比べてもなんら遜色ない出来。
もうマーティー復帰してとかいらないかもね、この出来だと。

まぁマーティー好きだから復帰はして欲しいけど、モー娘みたいな曲ばっかりのMEGADETHは、はっきり言って嫌だ。


MySpace-なんか知らんが全曲聴けるw


別窓 | CD紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<そ、そんな裏技が!? | Rockくずれの徒然日記 | 鬼人化中のスタミナ減少無効>>
コメント
★ おおお・・・
お邪魔します!早速、MySpaceってみました!

やっぱり、安心感がありますね~w
メロディーの細かいことは、よくわからないのですが、
すごい”キッチリ”している感じがしましたです。
全然違う曲調が混ざっているのに、”まとまってる”っていうのは、
本当に、殿のおっしゃるように、「職人芸」なんですね^^

>中川家がよくやる大阪の八百屋のおっさんのモノマネのような歌声。
・・・に、吹いてしまいましたw 確かにww

歌声も味があるんですが、自分は「Dialectic Chaos」が、凄いカッコいいなと(*´∀`)

マーティーさん、自分もすごい好きなんですが、もう「マーティ・フリードマン」というよりは、
「マーティーさん」な感じなので、ちょっと難しいかもですね。

今回も、素晴らしいレビュー、堪能させて頂きましたです。
また次回を、楽しみにしております!

※以前薦めていただいた、SONATA ARCTICA「Silence」聴きました!
・・・「San Sebastian」、あれは何という・・・あの疾走感、突き抜ける声・・・リアルで鳥肌立ちました。
速攻で、個人的殿堂入りです。
アルバムを紹介して頂き、ありがとうございました<(_ _)>
2009-11-15 Sun 21:21 URL | benjamin #-[ 内容変更] | top↑
★ ほっほっほ
>>benjaminさん
ようやく攻撃的なリフが戻ってきた!って事でかなり安心な出来ですね、今回のアルバムは。
新しいギタリストがいい影響を与えたのかどうなのかはわからないですが、大佐も大分気合いが入ってますねぇ。
1曲目聴いただけで、「おおお~!」ってなりましたから!
そして八百屋のおっさん!
あの唸り声を聴いただけでも気合いの入りようが…、わからんなw

もうマーティーは完全に日本人ですからねぇ。
新宿在住の元MEGADETHギタリストとかネタでしかないw

おお、Silnece聴きましたか!
この頃のSONATA ARCTICAはホント疾走感と良質のメロディーがマッチした最高の時期ですよ。
これが2枚目とは思えない出来。
しかしキャリアを重ねると疾走感を抑えようとするのはなんでなんでしょ。
やっぱり速い曲ばっかりだとやる側もシンドイのだろうか。
2009-11-17 Tue 22:31 URL | YukihiRock #PnBI6jqs[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Rockくずれの徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。