YukihiRockのはまっている音楽やゲーム(特にモンスターハンターシリーズ)について、徒然なるままに書き綴る不定期更新ブログです。時々自作曲上げたりとか。
<
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
正直…
2010-02-19 Fri
最近色々思うところがあるんだけど、なんか違うんだよなぁ…。

なんか違うんだ…。

でも自分の思い込みかもしれないし、もうちょっと様子見よう、そうしよう。
スポンサーサイト
別窓 | モンハンF | top↑
珍しく古龍三昧
2010-02-18 Thu
古龍種の 生態まだまだ 未解明。YukihiRockです。こんばんは。

水曜日のお話。

この日は計ったか計らずか、古龍づくし。

mhf_20100217_225016_3902.jpg

まずは剛クシャ。
シスネの為にあと証13枚、剛翼4枚。

証が17枚集まる間に剛翼が1枚も集まらないというのは普通なのかセンサーの威力なのか。
しかしドスの時の塵粉の事を思えばこれぐらい当然なのだろう。

にしても出ない。
P2Gの古龍の大宝玉ですらもうちょっと出るというのに。

mhf_20100217_232449_453.jpg

続きまして、初剛山さん。

なんかオーラみたいなの纏ってるなと眺めてたら、

mhf_20100217_233902_343.jpg

屁を食らう。

剛山さんはどうやら肛門が緩いようだ。
いつもの倍以上屁をこいてきおった。
そのうち実も出るのではないかと変な心配をしてしまう。

そういえば、古龍とかって排泄はどうしてるのだろう。
やっぱり普通に出すのだろうか…。

飛龍のフン、モンスターのフン、なわばりのフンはあるが、古龍のフンは見たことがない。
そもそも古龍の食事は一体なんなのだろう?

草食モンスター?それともクック先生?それとも自家発電装置を備えているとか?

山さんは山を喰うとかなんとか言ってた様な気がするけど、今流行のエコを考えていないその行為に国民もお怒りです。

mhf_20100217_233453_015.jpg

そんな事を考えながら、階段でチクチク。

残念ながらタイムアップでサブクリだったが、次回こそはいてこましてやりたい。
そしてエコ山さんに変身させて、国民も一安心です。

mhf_20100218_002041_531.jpg

そして最後に雪山キリンへ行ってこの日はおひらき。

たまには古龍種ばかりを追い回す日があってもいいもんだ。



※画像:(C)CAPCOM CO., LTD. 2007,2010 ALL RIGHTS RESERVED.
別窓 | モンハンF | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
回避性能を使いこなすべく、体当たり
2010-02-05 Fri
タイミング 方向つかんで 回避せよ。YukihiRockです。こんばんは。

昔のエライ人は言いました。

「狩場に出てSSを撮ったなら、それを何かの形で残しておくことが倣わし…。」

と。

というわけで久しぶりにSS撮ったので記事を書かざるを得ない。

そもそも前にアップしたSSの日付が1/15だった事から、どんだけSS撮ってないんだよこのビチグソがぁぁ!とバテスト神の怒りをかいそうな程の撮りなさっぷり。

SSがないと記事を書く気が起きないのも相まって(文章だけは苦手なのじゃ)、狩場の記事も久しぶりかもしれない。

ということで、木曜日のお話。

サナダさん、タキさんと剛チケ(オマケ)と虹色(ホンメイ)求めて、変種アクラへ。


mhf_20100205_002748_609.jpg

最近はアクラへ行く時はだいたいランスを担いでいる。

リーチ極長のニャキーンを作ったというのが大半の理由だが、ランス装備を新調したというのも約2割ほど理由に含まれている。まだ完成はしていないが。
回避性能+2が付いているので、もちろん戦法は回避優先なのだが、如何せん、回避しきれない場面が多々。

むしろ回避しなくても当たらないところで、わざわざ回避して「回避成功!」と自分を慰めている感もあるほど回避成功率が低すぎる。

mhf_20100205_002541_546.jpg

意外と攻撃にメリハリがあるから、回避はしやすいんだろうけど、なんだろな、なんか回避出来ない。

よくわからんが回避したと思ったら後ろからズドンとやられてる感じ。

「志村うしろ!うしろー!」と言ってもらう係の人が欲しいほど。

mhf_20100205_002823_750.jpg

部位破壊後の2回転も鬼門。
安全だと思われる距離離れていても、なんか当たるし、回避すればいい方向もよくわからない。そもそもガード方向もよくわからない。
アクラやってる回数はそれほど少なくはないけど、回避だけに焦点を絞ってやってみるとこれほど難しかったとは、ナンテコッタイ。

その後あこさん、りおさんに合流してもらって、今こんな感じだったんだよという報告をすると、

「きっと回転後の後から付いてくる尻尾に当たっているんでしょう。」

と賢者のお言葉。なるほどそういうことだったか。

とりあえず左側が安地だという情報をもらい、先生にりおさんを迎えてもう一度トライ。

クエ中もりおさんにレクチャーを受けながらやってたけど

サーセン、必死すぎてチャット見てませんでしたw

もうなんか必死すぎてひたすら突いて、避けて、様子見て、突いて、飛ばされて、様子見て。
果ては飛ばされ、踏まれ、キャンプ送り。

mhf_20100205_002827_453.jpg

そんな感じで色々キャーキャー言っていたら、後半はなんか変なアドレナリンが出たか、はたまたただ単に変な汁がどこからともなく垂れ流されてたかは知らないけど、なんか避けられるようになった。

様な気がした。
きっと変な汁のせいで幻覚作用が働いていたのだろう。
いっこも避けられないよ、ママン。


さてとりあえず、咆哮は回避性能で避けれられるようになった(避ける必要性を感じないが)。
後はあの2回転だ。それと普通の回転もだ。あと連続結晶パンチもだ。
要はほぼ全部だな、こりゃ。

残り香的なやつで、尻尾が後から付いてくるもんでそれのタイミングとか方向とかを確認しつつ、慣れないとダメなんだろうなぁ。
こういう時に動画撮れたりとかしたら後から確認出来るんだろうけど、そんなややこしい事は出来ないのでニコニコかYouTubeで確認するか。

そして必死に確認して狩場に赴くと、まったく役に立たない事に気づくのであろう。
何事も体でやって覚えることが習得への近道なんだよな。



※画像:(C)CAPCOM CO., LTD. 2007,2010 ALL RIGHTS RESERVED.
別窓 | モンハンF | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| Rockくずれの徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。